脳梗塞の症状を見逃さない【恐ろしい病気を早期発見する為に】

胸が痛いときは早めに相談

病院

近ごろ、40代くらいの若い世代であっても心筋梗塞を発症する人が増えています。胸が痛かったり、それとともに吐き気や息苦しさを感じたりする場合は、早く新宿の内科に行って診断を受けることが肝心です。大学病院での検査が必要な場合には、新宿の内科で書いてもらった紹介状を持参すれば上乗せ料金を払わずに済みます。

詳しく見る

患者にとって助かる存在

看護師

人工透析を受ける患者は当日体調の悪いことが多いので、病院まで送迎してもらえると助かるものです。糖尿病から腎臓病を発症した中高年の患者にとっても、運転は難しいことがあるため送迎してもらって人工透析を受けに行けるのは助かります。

詳しく見る

心臓血管の内科

相談

循環器科とは、心臓と血管を専門に診る内科のことです。高血圧症や脂質異常症もこの科の専門領域です。他の内科と少し違うのはカテーテル治療という手技を持っていることです。これは局所麻酔下でカテーテルを動脈硬化病変のあるところまで入れ、ステントや風船で動脈をふくらませて血流を回復させる治療法です。

詳しく見る

血栓が原因です

病気

脳の血管が詰まって血液の流れが悪くなる病気を脳梗塞といいます。これによって脳に酸素や栄養が行き渡らなくなり、壊死してしまいます。脳梗塞が発症する前兆である症状があります。その症状とは、例えば顔や手足が麻痺したり、ろれつが回らなくなりうまく喋ることが出来なかったり、めまいや立ちくらみ、目の焦点が合わないなどです。これらの症状は通常30分程で消えますが、放っておくと48時間から3ヶ月以内に脳梗塞を起こす可能性があります。簡単に脳梗塞をチェックする方法があります。目をつぶって両腕を上げて片手が落ちてきたら70%の確率で発症していると言われています。症状に気づいて早期に対応することで脳梗塞を防ぐことが出来るのです。

そんな脳梗塞を予防するための方法がいくつかあります。まず脳梗塞の原因となっている血栓は水分が不足している時に出来やすいので、夏は特に水分補給をすることを心がけましょう。そして高血圧を招く飲酒や血管を収縮させる喫煙は控えた方が良いです。これらは血液中の善玉コレステロールも減少させるので、動脈硬化を促進させるのです。他にも脳梗塞が起こりやすいのは急激な温度差がある時なので、例えばお風呂に入る前は脱衣所を暖かくしておくなど工夫しましょう。過度のストレスも脳梗塞を引き起こす原因となっています。自律神経が乱れ、血圧や脈拍を上昇させてしまうので、動脈硬化を起こしやすくなるのです。このように日常生活の中で工夫することで脳梗塞を予防できます。